【デカポメの特徴】体重や寿命は?どのくらい大きくなるの?

こんにちは、いぬさいとです。

今回はでかいポメラニアン、通称「デカポメ」について色々と解説していこうかと思います。

デカポメの特徴

デカポメは本来、超小型犬に属するポメラニアンという犬種なので、大きさはでかくとも性格的には普通の小さいポメラニアンと違いはありません。

ただ、ポメラニアン自体、あんな小さくてフワフワした外見であるにも関わらず、大型犬よりの遊び好きな性格をしているので、むしろデカポメは大きさに見合った活発さと言えるでしょう。

ポメラニアンは「ただ外見が可愛いから」といった理由で可愛いもの好きな女性が飼いたいと言っているイメージが強いのですが、

デカポメに限っては本当のポメラニアンの性格が分かってる犬好きが飼いたいと言っているイメージですね。

では、デカポメと普通の小さいポメラニアンは具体的にどのような特徴の違いが見られるのか、一つずつ解説をしていきましょう。

走るのが早い

デカポメは普通のポメラニアンと比べて走るのが早いです。

体力も比較的多く、歩幅も違います。

走り方に関しても、デカポメの方がよりスマートに走る事が多いように感じます。

良く食べる

体が大きいとそれだけ食べる量も多いです。

タイミングにも寄りますが、デカポメは中型犬と同等の量のえさを食べる事もあるので市販されている超小型犬用のご飯では足りなくなるかもしれません。

吠える声が大きい

デカポメの吠える声は、本来のポメラニアンのキャンキャンとした可愛い声とは少し違います。

もちろん吠え声は犬によっても違いますが、デカポメはウォンウォンとかっこいい声をしている事が多いです。

声が野太くよく響くので、場合によってはうるさいと感じる飼い主もいるかもしれません。

頭が良い

デカポメは頭が良いとされています。

ポメラニアンはもともと他の犬種と比べて頭が良い方ですが、デカポメの方が良い意味でも悪い意味でも賢いので、ボール遊びや芸なども比較的簡単に教える事が出来ます。

散歩が大変

デカポメは体重もそれなりにあり、好奇心旺盛なので散歩が少し大変な方かもしれません。

散歩に対してしっかりとしつけをしておかないと、勝手に動き回ってしまうのでリードを持つ手が疲れてしまう事も良くあります。

デカポメの寿命

ポメラニアンの寿命は12歳~16歳と言われていますが、デカポメの寿命もそれと同じくらいだと言われています。

ただ、小さなポメラニアンよりも比較的体力があり、免疫力も高いのでそういう意味では平均寿命も少し長くなってくるかもしれません。

デカポメの体重

デカポメはどのくらい大きくなるの?という事ですが、体重は大体4キロ~13キロと非常に幅が広いです。

中型犬の平均体重は20キロ前後と言われていますが、稀に肥満なポメラニアンは中型犬以上の体重になってしまう事もあるようですね。

体長がそれなりにあるデカポメなら健康面での問題はありませんが、体長が短いのにも関わらず、体重の重いデカポメはそれだけ運動不足や生活環境が良くないと言えるので、その分寿命も短くなりがちです。

ポメラニアンの平均全長については下の記事にまとめてあるのでご覧になってみて下さい↓

【ポメラニアンはでかい?】体重が7キロを越える事も! の記事はこちら

デカポメラニアンって犬種?

よく勘違いしている方がいるのですが「デカポメラニアン」という犬種はそもそも存在しません。

体重の重いポメラニアンの事をデカポメラニアンと呼ぶのは愛称のようなもので無理やりデカポメと略しているだけです。

ポメラニアンは本当に大きいものから小さいものまで様々なタイプがいるので、そのうちの特にでかいポメラニアンをデカポメラニアンと称したのでしょう。

なのでデカポメラニアンと言えども、それはポメラニアンという犬種の中の一個体というわけですね。

基本的には性格に大きな違いも無く、掛け合わせが違うという訳でもありません。

先祖ももちろん一緒ですね。

ただ、やはりデカポメラニアンだとそれなりにしつけが大変な事もあるので、これからポメラニアンを飼いたいと思って子犬を飼おうとしている人は、

その子犬もデカポメラニアンのように大きくなる可能性があるという事を理解しておいてください。

もし、小さい犬が欲しくてポメラニアンを飼ったのにデカポメラニアンになってしまったと言うのではシャレになんないですからね。

まとめ

いかがでしたか?

デカポメは普通の小さいポメラニアンと性格的には変わらないものの、寿命や体重などに若干差があります。

また、運動能力はデカポメラニアンの方が優れていると感じる事が多い為、走るのが早かったり散歩が大変という特徴もあります。

もちろんデカポメラニアンを飼いたいという人は問題ありませんが、部屋の飼育環境の関係で小さいポメラニアンしか買えないという方は、なにも考えず子犬を飼ってしまうと後々、後悔する事になるかもしれません。

出来れば、デカポメに成長しても飼える環境を整えてから購入してあげて下さい。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加