ポメラニアンに必須な冬の寒さ対策【3つ】

こんにちは、いぬさいとです。

冬のポメラニアンの過ごし方についてですが、今回は寒い時期を乗り越えるのに必須な寒さ対策を3つ紹介しますのでご覧になってみて下さい。

冬のポメラニアンについて

まず、ポメラニアンそもそも冬という季節に強い事は知っていましたか?

というのも、ポメラニアンは他の超小型犬という犬種の犬と比べても、毛が二段構造になっているので寒さを感じにくいという特徴があります。

この毛の構造はダブルコートと呼ばれており、秋ごろに夏に生えていた毛は抜け落ちて、保温性の優れた新しい毛に生え変わります。

元々、ポメラニアンは北国の出身であるサモエドという犬が祖先に当たるので寒さには強いようですね。

ポメラニアンは寒さに強い?

確かにポメラニアンは他の犬と比べても寒さには強い方です。

しかしだからと言って、冬に寒さ対策を全くしないというのは少し危険です。

たまに「ポメラニアンは寒さに強いから冬は何もしなくても大丈夫」と言っている飼い主さんもいますがそれは間違いです。

というのも、日本ではポメラニアンは室内飼いが基本とされていますよね。

超小型犬なので、体力が低く体も丈夫では無い為、室内飼いというのは当たり前ですが、

本来は野生で生きる力を持っていたポメラニアンも、人間が室内飼いでペットとして飼っているうちに外では自力で生きられないほどの弱さになってしまったのです。

現代のポメラニアンはずっと寒い空間で過ごしていれば普通に体調を崩しますし、風邪もひきます。

なので飼い主さんは、寒さに強いはずのポメラニアンでも冬はしっかりと寒さ対策をする必要があるのです。

冬の寒さ対策

それでは、ポメラニアンに必須な冬の寒さ対策を具体的に3つ紹介していきたいと思います。

ケージに毛布をかけよう!

ポメラニアンが普段過ごしているケージの上から毛布をかけておくというのは有効な冬の防寒対策になります。

冬の乾燥した空気が通らなくなるというだけでも寒さはだいぶ軽減できるのでケージに覆いかぶせるように毛布をかけてあげましょう。

暖房器具は必須!

部屋の室温を一定に維持するのはポメラニアンにとっても重要な事ですが、温度の上げすぎには注意が必要です。

本来暑さには弱いポメラニアンですので、エアコンの温度を上げすぎてなおかつケージに毛布をかけていたりなんかすると、

気が付くとケージ内だけ異常に温度が上がりすぎてしまう可能性もあるので、適度な温度設定にしておきましょう。

加湿器も備えて!

部屋の温度の管理だけでは、冬のポメラニアンの寒さ対策が充分とは言えません。

部屋の空気が乾燥していると、気管支に悪影響を受けるのは人間もポメラニアンも同じです。

冬の寒い時期には長時間エアコンを使用していると、ウイルスや感染症にかかりやすくなってしまいます。

ポメラニアンが咳をしたり、体調も崩す可能性があるので加湿器は必ず設置して下さい。

ポメラニアンが冬に注意する事

寒さ対策以外にもポメラニアンは冬の時期に注意しなくてはならないポイントがあるので紹介していきます。

空気の入れかえは必ず!

暖房をつけていると、温かい空気を逃がさないように部屋の空気の入れ替えをしない方も多いですが、換気をしないのは空気がこもるだけでなく、酸素濃度が薄くなるので危険です。

時間は短くても良いので、一日に数回は窓を開けて換気をしましょう。

涼める場所を確保

もし部屋に、ポメラニアンが安心して涼めるような場所が無かったら作ってあげて下さい。

ポメラニアンは人間の体感温度とは全く違うので、冬の寒い時期でも暑くて涼しい場所を探し回っている事があります。

暖房の仕様により、涼しい場所が全くないとポメラニアンの体力は徐々に消耗してしまいますので、必ず暖房の届かない位置に自由の行けるような部屋の構造にしてあげて下さい。

ポメラニアンに洋服はいる?

犬に着せる洋服は冬の防寒対策にもなるので必須とまではいかないものの、あって便利なものです。

特に、外の寒さの中での散歩は洋服があるのと無いのではポメラニアンの体感温度は劇的な差が生じます。

洋服を着る事自体に慣れておらず、嫌がっているのに着せるのはよくありませんが、抜け毛の防止にもなりますし、動きやすい服ならべ着せてあげるのをおすすめします。

冬に毛のカットについて

ポメラニアンを飼っている人の中には、毛のカットをしてあげたいという方も多いですが、冬の寒い時期には、チャウチャウカットやライオンカットなどの、皮膚が目でみえてしまうレベルの薄いカットはおすすめしません。

被毛が残る温かいカットならば問題はありませんが、散歩の際にポメラニアンも寒さを感じて震える事があります。

室温は何度設定?

ポメラニアンが過ごすのに最適な室温は25度と言われています。

しかしたとえ冬にエアコンの温度設定を25度にしても、その室温を維持するのは難しいですよね。

なので適度な温度設定でケージ上に毛布を被せたり、ポメラニアンが安心できる場所に毛布を敷いて対策をしてあげましょう。

子犬は寒さに弱い!

ポメラニアンは冬の寒さには強い犬種だという事を話しましたが、まだ産まれたばかりの子犬だとしたら、寒さに強いとは一概には言えません。

まだダブルコートの毛が生えそろっていないという事も考えられますし、成犬や老犬に比べても、子犬は免疫力が低くウイルスによる抵抗力もありません。

子犬の場合は注意深く、温度の管理をしてあげて下さい。

まとめ

寒さに強いポメラニアンでも、冬の寒い時期には防寒対策が必須となります。

エアコンの暖房設定で室温の管理をしたり、ケージの上の毛布を被せるなどして冬の寒さ対策をしましょう。

ただ、ポメラニアンは本来暑さに弱いので部屋の中でポメラニアンが自由に行ける涼しい場所は確保しておいてください。

また、ポメラニアンの子犬は寒さに対する抵抗力が低いので、なるべく頻繁に室温の管理や湿度の調整をしてあげて下さい。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加