【子供と相性の良い犬は何?】

子供と楽しく暮らせる相性の良い犬とはどんな犬でしょうか?

できれば子供に優しい犬種がいいですよね。

犬を飼うベストな時期も気になります。

今回は、【子供と相性の良い犬】について詳しくご紹介していきたいと思います。

子供と相性の良い犬とは?

いぬたろう
幼い子供がいると犬との生活で事故が起きる可能性もあるから、出来れば相性の良い犬を飼いたいね。

まずは子供と相性の良い犬とはどんな犬なのかを考えてみましょう。

子供を育てながら犬を飼うことについては賛否両論ありますが、決して難しいことではありません。

すでに子供がいる家庭でも飼いやすいという点に、ポイントを置いてみました。

子供が好き

色々な犬種の中でも子供が好きな犬がいます。

温厚で愛情深い犬は、実に飼い主にも忠実です。

子供と遊ぶのが大好きな犬種なら退屈することもありません。

噛まない

すぐ噛む犬というのは犬種以前のしつけや環境に問題がありますが、小さな子供がいる家庭なら注意深く見るべき点です。

温厚な性格の犬種を選び、噛みつき癖をつけないしつけをしていきたいものですね。

抜け毛が少ない

デリケートな小さな子供はハウスダストに注意しなければならないので、抜け毛の量についても注目しましょう。

見た目がふさふさな犬でも抜け毛が少ない犬種も多いです。

体臭がない

全く体臭がない犬はいませんが、体臭を感じない犬種はいます。

大きな犬ほど体臭を感じやすいですが、シャンプーなどの手入れによってさほど気にはならなくなります。

掃除しやすい環境を整えて迎え入れることもポイントです。

しつけしやすい

小さな子供と一緒に子犬を育てることは気力・体力が必要です。

最初から賢い犬など存在しませんが、温厚なタイプの犬種を選ぶと扱いやすいです。

あとは飼い主のしつけ次第でもあります。

子供と相性の良い犬種

いぬたろう
結局、どんな犬が子供と相性が良いの?

それでは、子供と相性の良い犬種をご紹介していきます。

「小さな子供には小型犬がベストでは?」

と思っている方もいるかと思いますが、実はそうでもありません。

小型犬にはやんちゃなタイプが多いです。

子供と遊ぶのにはぴったりのようですが、成犬になった時に子供を見守るタイプかどうかも少し考えてみてください。

毛の手入れについてもぜひご注目ください。

ブルドック

意外かもしれませんがブルドックは子供がいる家庭にもおすすめです。

どっしりとした体格なので、子供と思い切りじゃれ合うこともできます。

体重は重めですが、中型犬なのでマンションでも飼いやすい大きさ。

抜け毛が少なく、子供と遊ぶのが大好きな性格なのもおすすめポイントです。

ラブラドールレトリーバー

盲導犬としても活躍するラブラドールレトリーバーは温厚な性格の犬種です。

子犬のうちはやんちゃなので、しつけに時間を費やせるゆとりが持てる家庭におすすめ。

成犬になった時の存在感は圧倒的です。

イメージ以上に抜け毛は多めなので、こまめなブラッシングが必要です。

ゴールデンレトリバー

忍耐強く忠誠心の強いゴールデンレトリーバーも、大きな体格ながら子供がいる家庭でも愛されています。

攻撃性が少ない性格も子供との相性抜群。

大型犬種なので一軒家の家庭におすすめします。

トイプードル

クリクリとした茶色の毛並みのトイプードルは、見た目以上に抜け毛が少ない犬種です。

ぬいぐるみのような可愛さと大きさだけではなく、人間に忠実な性格なところも注目。

子供と一緒に遊ばせやすく、ファミリーとも相性が良い犬としておすすめです。

パピヨン

小型犬の中でも子供に優しい犬種がパピヨンです。

マンション住まいでも飼いやすいところも良く、子供と一緒に遊んでくれるタイプなのがおすすめポイント。

こまめなブラッシングが必要ですが大きな犬よりは簡単です。

ミニチュアシュナウザー

毛並みがカールしているミニチュアシュナウザーも、子供との相性は良好。

実は抜け毛が少ないので、ブラッシングさえ行っていれば意外と楽な点が好まれる犬種です。

飼い主に忠実で賢い犬としても定評があり、小型犬の中でも飼いやすい犬種です。

子供が犬を飼う時期

犬を飼っている家庭に子供が生まれるのと、子供がいる家庭に犬を迎え入れるのでは

大きく異なります。

では、すでに子供がいる家庭が犬を飼うふさわしい時期とはいつでしょうか?

飼いやすい時期にスポットを当てて考えると、犬にとって住みやすい環境である時がベストになります。

赤ちゃんから3歳くらいまでの時期では、何でも口に入れてしまうなど分別がつきません。

迎えられた子犬も、赤ちゃんとの接し方がわからずに困らせる行動も取るものです。

子供が物分かりがつく年齢になれば、色々な不安はあるにしても、犬を大切に接することはできるでしょう。

それよりも早い時期から飼うこともできますが、ペットを飼うこと自体が初心者の人にはあまりおすすめしません。

最後に

子供と犬が一緒にいるだけでほのぼのとした空間ができますよね。

SNSでも子供の写真や動画は癒されるので大人気です。

どんな犬種でもしつけ次第だとは言えますが、初心者の方ほど飼いやすい犬種を選ぶことをおすすめします。

ぜひ楽しく暮らせる犬を迎え入れてくださいね!

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加