【ポメラニアンの本気噛みは超危険!】噛み癖は絶対に直そう!

こんにちは、いぬさいとです。

普段は可愛らしくて凶暴さのかけらもないポメラニアンですが、実は本気噛みをするとかなり危険だという事は知っていましたか?

今回はポメラニアンの本気噛みの危険性や対処法、噛み癖の治し方について解説していきます。

ポメラニアンの本気噛みについて

ポメラニアンは小さな犬だから多少噛まれても問題ないだろ、と思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

超小型犬と言えども、本気噛みはかなり強く下手をしたら重大な事故にも繋がります。

犬は元々咬筋力の優れた生き物ですので、噛む事に関しては生物学的に特化しているのです。

具体的に言いますと、ポメラニアンのような小さな犬種でもケンタッキー・フライド・チキンの骨を粉々に噛み砕くレベルの力は持っています。

そんな力で人間に噛みついたとしたら恐ろしい事になるのは想像出来ますよね。

もちろん正しいしつけをしていれば人間に本気噛みをする事はあまり無いかもしれませんが、場合によっては

飼い主以外の人間や、普段はあまり犬と関わらない父親や子供、赤ちゃんなどポメラニアンの気分次第ではいつでも事故に繋がる可能性があるという事です。

傷が浅くても危険

ポメラニアンに噛まれた場合。たとえそれがじゃれただけの甘噛みだったとしても、傷がついてしまったのなら、それだけでも危険と言えます。

本来ならば小さな傷はバンソーコー貼って放置するだけでも綺麗に治る事が多いですが、犬に噛まれた傷というのは深さに限らず放置すると大変な事になりかねません。

というのも犬はどんなに清潔な環境っで飼っていたとしても、莫大な菌の数を保有しています。

つまり噛まれた傷に毒を注入されたかのごとく、その菌が原因で後になって病気を発症してしまうリスクもあるのです。

そしてこれは何も成犬に限った話ではなく、子犬の噛む力によっても起こり得るので注意が必要です。

ポメラニアンが本気噛みをしたら

もしポメラニアンが本気噛みをした瞬間に立ち会った場合、すぐに大きい音を立てて下さい。

これは本人に本気噛みをした場合も他人に本気噛みをした場合も同じです。

本気噛みをする時の状況というのは、それだけポメラニアンも興奮しているという状況なので、普段と同じ声で呼びかけても反応はしません。

本気噛みをした場合は、一度ではなく何度も噛みつくという事も考えられるので、放って置いたらどんどん傷が増えてしまうという事も考えられます。

叫ぶか、もしくは床に何か物を投げたり叩きつけたりして、普段は聞きなれないような、びっくりする音をポメラニアンに聞かせましょう。

犬は耳も敏感なので、驚かす事させ出来れば、噛まれた人を追撃してまた噛むというような事は無くなるかと思います。

噛み癖の直しかた

それでは、ポメラニアンの噛み癖の治し方を解説していきます。

まずポメラニアンはしつけどうこうの前に、犬という動物ですので、興奮しすぎてしまう事はよくあります。

これを押さえつけるのは難しいので、興奮をさせないような環境作りをするのが優先ですね。

例えばおもちゃ遊びを連続してやっていると、ポメラニアンの狩猟本能を引き出してしまい、本気噛みにつながる事もあるので、

ある程度おもちゃで遊んだら、一回おもちゃ自体を取り上げてしまうなどの配慮を飼い主の方がしてあげると良いです。

それから普段から、もし人間を噛むような事があれば例え甘噛みであったとしても、しっかりとしつけを行いましょう。

その際にはポメラニアンに対し危害を加えるような叱り方ではなく、大き目の低い声で

「ダメッ!」などと

分かりやすい発音で声を掛けて下さい。

何度か続けているうちのポメラニアンの噛み癖も徐々に無くなっていきますので根気やっていく事が重要ですね。

処置方法

もしポメラニアンなどの犬に本気噛みをされた場合、すぐに水で洗い流す事が先決です。

傷口付近の菌を洗い流して、菌が体内に浸透してしまうのも防げますし、傷の治りも早くなります。

もし血が出てしまっているのであればすぐに止血をしてください。

出血を放置しておくとそれだけリスクが高まるので、迅速に対処しましょう。

これらの処置だけで済ませてしまう事も多いですが、なるべく犬に噛まれた傷は浅くても病院で受診してもらう事をおすすめします。

ポメラニアンは凶暴?

他の犬種と比べて、ポメラニアンには本気で噛まれたという人が意外に多いのは、ポメラニアンの性格に関係しています。

実はポメラニアンは先祖が行動的な大型犬の為、やんちゃな性格で凶暴性も高いと言われる方も多いです。

そこらへんに関しては下の記事で詳しく書いているのでご覧になってみて下さい。↓

【ポメラニアンは凶暴?優しい?】実は怖い性格の犬種だった の記事はこちら

まとめ

いかがでしたか?

ポメラニアンは小さいと言えども、その咬筋力はかなり強いので、もし本気噛みをされたら場合によっては事故に繋がる事も多いです。

噛み癖のあるポメラニアンに関しては責任を持って、噛み癖を直すようなしつけを愛犬にしてあげて下さい。

また、もし噛まれた場合はすぐに大きな音を立てて、興奮状態のポメラニアンを驚かせる事で噛むのを止めさせる事が出来るので、事前に対処法を学んでおきましょう。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加