【ドッグランで嫌われる犬種は?】

犬同士のコミュニケーションに最適な場であるはずのドッグランですが、その中では残念ながら嫌われる犬種というのも存在します。

ドッグランで嫌われる犬種は?

いぬたろう
ドッグランは愛犬をリード無しで放し飼いにも出来るし、色んな犬とコミュニケーションが図れるから楽しいよね。
竹田和彦
でも残念ながら、ドッグランでは嫌われる犬種というのも存在してるんだ。あまり気にしなくても良いと思うけど知っておいて損は無いかもね。

ドッグランで嫌われる犬種はズバリ、柴犬だと言われています。

ただ勘違いして欲しくないのが、柴犬だけがドッグランに不向きな犬種と言うわけではありません。

柴犬がドッグランで嫌われる理由は主に、柴犬の気性の荒い性格や元々猟犬としての習性を持ち合わせていることからなのですが、

実際は柴犬以上に警戒心が強く攻撃的な犬種は山ほどいるので、柴犬以上にドッグランで嫌われる 犬種がいてもおかしくはありませんよね。

ではなぜ柴犬だけが、ドッグランで嫌われる犬種として言われているのかと言いますと、ただ単純に攻撃的な犬種として有名だからです。

柴犬は誰もが知っているくらいの高い知名度を持っているので、それなりにヘイトが集まりやすく ドッグランで嫌われる犬種というイメージが先行してしまったのでしょう。

ドッグランで嫌われる犬種の特徴

いぬたろう
ドッグランで嫌われるかどうかは、犬種に寄るものじゃなくてどこまでしつけが行き届いているかが重要だと思うよ。

ドッグランで嫌われるのは決して柴犬だけとは限りません。

ここからは、具体的にドッグランで嫌われる犬種の特徴を解説していきます。

追う事が好きな犬

他の犬をたくさん追いかける犬種はドッグランで嫌われることが多いです。追うことが好きな犬はただ単に遊び好きな性格だと言うことも多いですが、

過保護な飼い主からは自分の犬がいじめられていると感じることも多いため 残念ながら嫌われる犬種というイメージを持たれています。

本来ドッグランというのは犬同士のコミュニケーションも図る目的で利用する人も多いですが、一部の認識が違う飼い主のせいで実際に 元気な犬種や社交的な犬種は嫌われる傾向もあります。

攻撃的な犬

攻撃的な犬はドッグランで嫌われる犬種としてよく言われています。

特に、警戒心が強く他の犬に対して威嚇行動をしたり明らかに敵意を持った吠え方をする犬には自分の愛犬を近づけさせたくないと思う飼い主も多いです。

噛み癖がある犬

噛み癖がある犬もドッグランで嫌われる犬種として考えられています。

これは嫌われる犬種の性格という問題ではなく、飼い主のしつけが未熟で人間や犬に限らず本気噛みをする可能性のある犬は事故に繋がることもあるので嫌われるのは当然ですね。

しつこい犬

ドッグランではしつこい犬はかなり多いイメージです。

しつこいというのはしつけや飼い主の立ち振舞いは全く関係なくただ単にその犬種の性格的特徴が影響してることも多いので仕方ないと言えば仕方ないのですが、

残念ながら嫌われる犬種と捕らえられることも多いです。

ドッグランでしつこい犬の対処法

いぬたろう
ドッグランでしつこい犬と遭遇したら、どうやって対処すれば良いんだろう?

ドッグランに行くとしつこいの犬は沢山いるので対処することは難しいですが、

露骨に抱きかかえてしつこい犬から遠ざけるというのは飼い主に嫌な思いをさせてしまうことになるので、

出来ればリードをつなげたまま愛犬を遊ばせて、しつこい犬が近づいてきたと感じたらさりげなく別の場所に移動すると良いでしょう。

ただ、ドッグランはそういうものだと理解している飼い主の方はお互い様だし、気にしない方も多いですね。

嫌われる犬種だからといって、必ずしも飼い主のマナーが悪い訳では無いので文句を言ったりするのはトラブルにも発展するのでやめましょう。

ドッグランで小型犬は迷惑?

ドッグランで小型犬は迷惑だと捕らえられることもありますが、いちいち気にしてたらドッグラン自体に遊びに行けないので気にしなくても良いかと思います。

小型犬がドッグランで嫌われる理由は事故があった時被害者になる可能性が高いということ、過保護な飼い主が多いという理由なので、飼い主さえマナーを守った行動をしていれば 特に問題はありません。

過保護な飼い主

ドッグランは愛犬に対して過保護な飼い主が多いです。

本来ドッグランは犬同士のコミュニケーションが測れる場所として用意されているはずなのですが、犬は遊びの延長としてアマガミをしたり追いかけ回したりすることもあります。

ドッグランでは、ある意味それが当たり前の光景となっていますが、過保護な飼い主はそれに嫌悪感を示し飼い主同士のトラブルに発展する可能性もあります。

もし愛犬に他の犬とコミュニケーションを取らせたくない場合には、自宅の庭にドッグランを設置するべきです。

今はフェンスをポンと設置するだけで家庭でも簡単にドッグランを作れるの、で他の飼い主と顔を合わせる必要無いですし、散歩代わりにもなるので便利ですよ。

【ドッグランフェンスのおすすめ4選】自宅の庭に犬が脱走しない柵を作る

まとめ

ここからはまとめです。

ドッグランで嫌われる犬種は柴犬だという意見が多いですがただ単に柴犬の性格的特徴が有名というだけであって実際それ以上嫌われる犬種は沢山います。

ドッグランで嫌われる犬種は追うことが好きな犬、しつこい犬、噛み癖がある犬、攻撃的な犬が多いです。

またドッグランにはまれに過保護な飼い主もいるので大型犬を飼っている人は注意しましょう。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加