【生後2ヶ月の子犬のしつけ方】食事や接し方の基本は?

生後2ヶ月の子犬はまだ産まれたばかりなので、人間や社会そのものに慣れていないです。

つまり本来は野生の犬が持っている本能でしか行動する事が出来ないので、接し方やしつけに注意するべき所が沢山あります。

この記事では、生後2ヶ月の子犬を飼っていくうえで必要な知識を詳しく解説していきます。

生後2ヶ月の子犬について

いぬたろう
子犬は可愛いけど、どうやって育てていけば良いか分からないから不安だよ。
竹田和彦
そうだね、特に生後2ヶ月とかの子犬が産まれたばかりの時期だと、普通のしつけとは少し違う点もあるから結構大変だよ。

生後2ヶ月頃の子犬は、本来母犬から色んな事を教わって生きていくための知識を学びますが、

人間社会ではブリーダーやペットショップの元で母犬から離される事になるので、人間が色んな事を教えていく必要があります。

もし飼い主が何も教えないまま成犬に育ってしまうと、しつけが難しくなったり人間社会に馴染めずにストレスを抱えてしまったりする事になるので、

この生後2ヶ月という早い時期から子犬には適切なしつけをする事を心掛けていきましょう。

生後2ヶ月の子犬のしつけ方

いぬたろう
子犬は早い時期からのしつけが大事なんだね。でも具体的にどうやってしつけていけば良いんだろう?
竹田和彦
生後2ヶ月の子犬のしつけで一番重要なポイントは、人間と関わる事に慣れさせることだよ。

コミュニケーションのしつけ

コミュニケーションのしつけは普通、成犬の犬にはする事がありませんよね。

というのも犬は成犬になった時点で、既に今までの生活で学んだ事から先入観を持ってしまっているからです。

どういう事かと言いますと、飼い主から嫌がらせを受けた経験のある子犬は成犬になった後も飼い主の事を嫌いになりますし、

見ず知らずの他人に無理やり触られた経験のある子犬は、他人に対して警戒するようになるという事です。

生後2ヶ月という時期は、今後の生活において基礎となる概念や考え方を形作るものなので出来るだけ色んな経験させてあげる事が重要となります。

特に人に触られる事を慣れさせるのは、かなり重要だと言えます。

犬との暮らしをする中では、シャンプーをしたりドライヤーをしたりブラッシングをしたりなど、体のお手入れをする事も多いですよね。

ボディケアが苦手な犬は子犬の時期に人に触られる経験が少なかったというケースも多いので、積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

トイレのしつけ

トイレのしつけは成犬の頃から始めるよりも、生後2ヶ月から始めた方が効率が良いです。

トイレトレーニングは、子犬がおしっこやうんちを出そうとしたタイミングでトイレに連れて行ってあげましょう。

最初は中々覚えてくれないかもしれませんが、何度か繰り返したり、おもちゃやおやつで誘導してしてあげる事で次第に、排泄をする際には自発的にトイレに行くようになります。

決まった場所のトイレシートの上で出来たら思い切り褒めてあげる事で、子犬がトイレの場所を認識しやすくなるかと思います。

ハウスのしつけ

自分のハウスの場所を認識させる為にも、ハウスのしつけは重要です。

せっかくハウスを飼ってもそこが自分の空間だと認識出来なければ、常に飼い主に見張られていると感じ、ストレスを溜め込んでしまうケースもあります。

生後2ヶ月の子犬にハウスのしつけをするには、お気に入りのおもちゃやエサなどをハウスの中に置いて、「ハウス!」などの声掛けと同時に中に入れてあげましょう。

無駄吠えのしつけ

無駄吠えの防止をする為には、生後2ヶ月頃から吠える事は良くない事だと子犬に理解させる必要があります。

吠え始めたタイミングでなるべく低い声で「イケナイ!」と声をかけましょう。

生後2ヶ月の子犬の食事

いぬたろう
生後2ヶ月の子犬にはどのくらいの量の食事をどうやって与えれば良いんだろう?
竹田和彦
餌は基本的にハウスで食べさせるのがおすすめだよ。子犬が認識しやすいような決まった位置を作ってあげると良いかもね。

生後2ヶ月の子犬の食事は、必ず適切な餌の量を食べさせましょう。

仮に成犬であればたとえ食事を与えすぎたとしても対して影響はありませんが、2ヶ月の仔犬というのはエサの量が健康状態に影響するので、量の調節をシビアにしましょう。

適切な食事の量は与えているエサの種類によって異なりますので、ホームページやパッケージの裏に書かれている1日の食事の量を目安に、3回か4回に分けて与えていきましょう。

もちろん子犬の発達時期に応じた柔らかいドックフードを与えて下さいね。

ちなみにミルクは生後2ヶ月でも与える事はありますが、通常母犬の母乳は50日程度で出なくなるので生後2ヶ月には与えないという方も多いです。

仔犬との接し方

生後2ヶ月の仔犬との接し方で一番重要なのは、愛情を持って接する事です。

最初に説明した通り、生後2ヶ月という時期で嫌な経験をしてトラウマを抱えてしまった仔犬は今後のしつけにも影響を及ぼす可能性もあります。

積極的にコミュニケーションを取るのは良い事ですが、仔犬が嫌がっているのにも関わらず無理やり触ったり、抱っこをしたりなどは止めた方が良いですね。

仔犬は気分によって構って欲しい時とほっといて欲しい時があるのでそれを見極める能力も飼い主には必要になってきます。

しつけに関しても声掛けをするのは良い事ですが、決して手を出したりしないでください。

仔犬が恐怖を感じている時に飼い主に触られ、痛い経験をすると、人の手自体が恐怖の対象になるので、成犬になっても触られる事を怖がるようになってしまいます。

生後2か月の仔犬には、怖がらせないように、なおかつ愛情を持って接する育て方するように心掛けましょう。

【生後2ヶ月の子犬が噛む!】噛み癖は絶対に治せ!

まとめ

ここからはまとめです。

生後2ヶ月の子犬のしつけで重要なのは、人に慣れさせる事です。

早い時期から触られる事に慣れる事で今後のボディケア(爪切りやシャンプー、ブラッシングなど)のしやすさが変わってきます。

トイレやハウス、無駄吠えのしつけはタイミングと声掛けが重要です。

後になって声掛けをしても子犬は認識が出来ないので適切なタイミングで分かりやすく声掛けをするようにしましょう。

食事に関しては、生後2ヵ月ではミルクは必要ないと考えている方が多いです。

ドッグフードの量はパッケージの裏などを参考に適切な量を与えて下さい。

子犬との接し方は、構って欲しそうな時には積極的にコミュニケーションを取り、放って欲しそうな時はある程度距離を置いてあげるようにしましょう。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加