【室内飼いできる大型犬は何?】飼いやすい犬種を5つ紹介!

「大型犬を室内で飼いたい!」

そんな憧れを抱いている人は多いと思います。

今回は室内飼いできる大型犬のおすすめ犬種と、大型犬の室内飼いする際の注意点について解説していきます。

室内飼い出来る大型犬は何?

いぬたろう
室内で大型犬を飼いたいんだけど、どんな犬種が良いのかな?
竹田和彦
最近はたとえ大型犬でも室内飼いが一般的だから、室内で飼えない犬というのはいないと思うよ。
いぬたろう
え?そうなの?

極論言ってしまえば、室内飼いが不可能な犬種というのは存在しない為、全ての大型犬が室内飼いが出来る犬言えばそれまでです。

ただ、犬種や環境よって室内飼いのしやすさというのは変わってくるので、室内飼いにおすすめの大型犬をいくつか紹介していきます。

ラフコリー

日本でもラフコリーは室内飼いされていることが多い大型犬です。

性格は穏やかで飼い主に従順、初心者でも飼いやすい大型犬とされています。

かなり知能指数も高く賢いのでしつけの難易度も低めです。

室内飼いがトイレトレーニングや、食事をする位置などを覚える必要があるので、頭がよいということはそれだけラフコリーの飼いやすさは増すという事になります。

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーも室内で飼いやすい大型犬だと言われています。

性格は人懐っこく、 愛情深いです。

人に危害を加えることは少ないため室内飼いにも適していると言えるでしょう。

遊び好きで他人に対してもフレンドリーな言動をするので番犬としての活躍は期待できませんが、一緒に過ごしていてとても楽しい大型犬です。

【ゴールデンレトリバーは優しい?】ぐう聖で怒らない最高な犬

ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバーが短毛なので室外でも飼える大型犬として知られていますが、室内飼いには適していないという訳ではありません。

むしろ優しくて社交的な性格をしているので、必然的に飼い主との関わりが多くなる室内飼いの方が合っていると言えるでしょう。

攻撃性もない上に賢いので、かなり魅力的な大型犬だと思います。

スタンダードプードル

大きなトイプードルとして有名なスタンダードプードルも、室内で飼いやすい大型犬の一つです。

大型犬の中ではかなり抜け毛が少ないので、お手入れも比較的簡単な大型犬と言えるでしょう。

好奇心が強く運動能力が高いので 正しいしつけをしないと派手ないたずらをしてしまう事も多いですが物覚えも良いので、ある程度性格の改善もしやすいというのが魅力的です。

シベリアンハスキー

ソリ犬として有名なシベリアンハスキーも室内飼いに適した大型犬と言えるでしょう。

暑さには弱い為、日本の気候では外飼いには不向きな大型犬でもあります。

元々人間と共存して助け合いながら生きてきた歴史を持っているので、かなり人懐っこい性格をしており、責任感も強く攻撃性も低いです。。

抜け毛が多いのでお手入れが大変というデメリットはありますが、人生を共にする良き相棒としてピッタリなのではないでしょうか?

室内で飼える大型犬の共通点

室内で飼える大型犬の共通点は、どの犬種も穏やかな性格をしておりコミュニケーションが取りやすいということです。

凶暴な犬が室内で飼いにくいという訳ではありませんが、室内飼いということは人間と関わる機会がそれだけが多いということです。

つまりしつけ方が間違っているとそれだけ事故に繋がりやすいと言えますね。

特に子供がいる家庭や、何人かの家族がいる環境で大型犬の室内飼いをする場合、犬の順位付けによってナメられてしまう可能性もあるので、性格は優しいに越した事は無いですね。

大型犬の室内飼いの注意点

大型犬の室内飼いで最も注意するべきポイントは、必ず散歩を欠かさない事です。

大型犬は体の小さな小型犬や中型犬と比べて、生活していく上でも一定の運動量が必要になります。

これは上記で紹介した室内飼いのしやすい大型犬も例外ではなく、毎日の散歩は欠かさずに行いましょう。

できれば散歩だけでなく、休日を利用してドッグランや公園などを利用して、遊びついでの運動を定期的にさせた方が良いと思われます。

大型犬は運動をしないと、体が衰えるだけではなくストレスが溜まって身体的な成長にも悪影響を及ぼす可能性があります。

なので運動が苦手な方や、面倒くさがりな方、散歩がいつでもできる環境で生活できない方は、本来大型犬を飼うべきではありません。

もし定期的に散歩が出来ないのであれば、よほど室内が広くて自由に動き回れるスペースが確保できる環境が大型犬には必要です。

ただこれは、 日本の住宅環境ではあまり現実的ではありませんよね。

「散歩は毎日出来ないけれどどうしても大型犬が飼いたい!」

と言うのであれば、 大型犬を外飼いにしてある程度の動き回れるスペースを確保する方がまだ実現しやすいと言えるでしょう。

外飼いできる大型犬の種類に関しては下の記事を参考にしてください。↓

【外で飼える犬は何?】代表的な犬種を7つ紹介!

まとめ

ここからはまとめです。

大型犬の室内飼いはやろうと思えばどんな犬でも出来ますが、 攻撃的な性格の大型犬やコミュニケーションの取りにくい大型犬は、

関わりにくいうえに、しつけの難易度が高いので室内飼いにはあまり向いてないと言えるでしょう。

室内で飼える大型犬は、ラフコリー、ゴールデンレトリバー、スタンダードプードルなどが適していますが、 どの犬種もそれなりの運動量が必要な為、 飼う際には散歩を欠かさず行いましょう。

以上いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加