【ブルーマールのチワワの特徴】高いので注意!

チワワの毛色の中ではかなりレアカラーと言われているブルーマールですが、他の毛色と比べて値段が高いということは知っていましたか?

今回はブルーマールのチワワの特徴や具体的なブルーマールチワワの価格について解説していきます。

ブルーマールのチワワとは

チワワの毛色はクリームやブラックホワイト、ブラックタンなどが多く、現状飼われてる犬数も多いと言えますが、「ブルーマール」のような珍しい毛色持つチワワも存在しています。

元々、マール系は珍しい毛色として知られていましたが、ブルーマールはマール系の中でも特に珍しい毛色で、探してもなかなか見つからない事が多々あると思います。

しかし、見た目はとても可愛らしく、いい意味でチワワっぽくない感じが非常に魅力的ですね。

通常の経路毛色のチワワと雰囲気も違ううえに、 なかなか見かけないことから極めて個性的な毛色と言えるでしょう。

チワワの事を詳しくない方が見たら、ブルーマールのチワワを見て他の犬種だと勘違いしてしまうかもしれませんね。

ブルーマールのチワワの特徴

いぬたろう
ブルーマールのチワワは普通の毛色のチワワとどんな違いがあるのかな?
竹田和彦
じゃあ ここからはブルーマールのチワワの特徴について解説していくよ。

青い毛色では無い

ブルーマールのチワワと聞くと毛色が青いイメージを持つ方が多いかもしれませんが、 実は チワワの毛色自体がブルーになっているというわけではありません。

ブルーマールのチワワの毛色は、トライカラーと呼ばれる2色以上の色が混じったもので 、濃い毛色の部分が薄くなっており、まだら模様のようになっているという特徴があります。

チワワのよくあるトライカラーでは、濃い毛色の部分がブラックやブラウンチョコと呼ばれる黒に近い毛色をしている事が多いですが、

ブルーマールのまだら模様は、銀色や灰色に近い色をしています。

目の色が特殊

ブルーマールのチワワの大きな特徴として言われているのが、目の色が他の毛色のチワワよりも特殊と言う事です。

目の色は遺伝が影響する事もあり、チワワ一匹一匹によって異なりますが 藍色の目をしているチワワや茶色い目の子もいるようです。

ブルーマールのチワワだけが特殊な色になるというわけではありませんが、ブルーマールの目の色は比較的薄くて綺麗な色になる傾向があると言われています。

性格は違う?

チワワは毛色によって性格が違うという話もありますが、 信憑性はあまりありません。

ブルーマールのチワワでも他のチワワと同じように性格の違いはあまりないと言えるでしょう。

チワワの性格は生まれ育った環境や遺伝によって決まるため、結局は飼い主がどのようなしつけを知ってきたかによって異なると思います。

ただ、ブルーマールのチワワのようなレアカラーの犬を飼う人というのは、 それだけ愛犬に対して愛情を注ぐ人が多いため、しっかりとしつけをしている人も多いですね。

よって、ブルーマールのチワワは 噛み癖が吠え癖が少ない印象を持っている方も多いです。

ブルーマールは高い!

いぬたろう
ブルーマールのチワワは本当に魅力があるよね。飼いたいと思う人も多いんじゃないかな?
竹田和彦
確かに人気はあるけど、結局は飼えないと感じて他の毛色のチワワを選ぶ人が多いよ。
いぬたろう
え?どうして?

ここまでブルーマールのチワワの魅力的な部分を話してきましたが、 デメリットも少なからずあります。

一番大きなデメリットといえば通常の経路と比べてブルーマールのチワワは値段が高いということが言えるでしょう。

ブルーマールに限らず、レアカラーのチワワは値段がそれなりに高くなる傾向がありますが、ブルーマールはレアカラーな上に人気も高いため、

「需要が高く、供給が低い」という状況になっています。

つまり、価格が高騰しやすく、ペットショップやブリーダーによっては結構な高値でブルーマールのチワワを販売してるという事もあるでしょう。

具体的な値段に関しては 、子犬だった場合、20万円から50万円前後と言われています。

本来チワワの値段は20万前後と言われていますが、ブルーマールのチワワは倍以上の値段がつけられることもあり、 顔つきにもよりますが非常に手に入りにくい毛色だと言えるでしょう。

成犬のブルーマールは安い!

ブルーマールのチワワ高いと言われていますが、成犬のチワワの場合その値段は大幅に下がるのは通常のチワワと変わりません。

どのくらいの価格設定にしているのかはペットショップやブリーダーによって大きく異なりますが 、成犬のブルーマールであれば半額くらいの20万円代や10万円代で購入できることもあります。

ブルーマールのチワワがどうしても欲しいけど、高くて買えないという方は成犬を狙ってみると良いかもしれません

まとめ

ここからはまとめです。

チワワのブルーマールはレアカラーと呼ばれている非常に珍しい毛色ですが、毛の色が青色をしているわけではありません。

まだら模様の濃い部分が灰色に近い色となっているのがブルーマールのカラーです。

ブルーマールのチワワは目の色が茶色や青に近い子が多いというのも大きな特徴です。

性格は飼い主のしつけ方によって異なるのでどのようなチワワに育つかは飼ってからのお楽しみということですね。

以上 いぬさいとでした

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加