【ポメラニアンの足は骨折しやすい?】ジャンプは絶対にダメ!

こんにちは、いぬさいとです。

ポメラニアンは他の犬種と比べて骨折しやすいと言われていますが、本当なのでしょうか?

ポメラニアンの足について

ポメラニアンの足は細いので、ちょっとした衝撃でも怪我に繋がってしまう事が多いです。

抱っこした際や、お風呂などで水に濡らした際に分かりますが、ポメラニアンの足は毛のフワフワ感で太く見えるだけで、実際には木の枝ぐらいの細さしかありません。

ポメラニアンは性格的にも好奇心旺盛なので、走り回ったりする事が多いですが、少し肥満気味であったり、栄養不良だったりすると、走っただけでも怪我をしてしまうきっかけになり得るので注意が必要です。

骨折しやすい?

ポメラニアンは超小型犬という犬種に属していますが、元々骨が細く成長するような構造の体をしています。

体重も大きさと比べて軽い事から、「骨折しやすい」というのはどうやら本当のようです。

大型犬や中型犬と比べて、超小型犬というのは体力も低く骨折をしやすいですが、ポメラニアンはその中でもさらに骨折しやすい種類だと言えるでしょう。

ポメラニアンのジャンプに注意!

先ほども話した通り、ポメラニアンの足は少しの衝撃でも怪我に繋がります。

ポメラニアンは室内飼いをするのが一般的ですので、人間の過ごす生活環境で同じように育てる事になるかと思います。

階段ソファーなどの段差からジャンプして降りた際に怪我をしてしまうという事が非常に多いので注意が必要です。

特に前足は体重の多くを支えているので、飛び降りた後に前足を持ち上げて立ち止まるような仕草を見せる事があります。

「キャイン!」と大きな声で吠えた時には、

人間で言う「痛い!」という叫び声なので注意して観察をしましょう。

ポメラニアンの骨折の予防法

飼い主によっては、ポメラニアンが自発的にジャンプをしないように、階段やソファーに近づかないようにしつける人もいるようですね。

ケージなどを使用してポメラニアンの生活領域を狭めてしまうのも、骨折の予防になります。

それからポメラニアンの歩く場所がフローリングの固い床だと滑ったりする事も多いので、骨折をしやすいと言われています。

特にソファーなどの段差がある場所には、絨毯や衝撃を吸収できるクッションを敷いてあげる事で、事故を減らす事ができます。

骨折の症状

犬が骨折しているかどうかは、仕草を注意深く観察する事で、ある程度判断する事が可能です。

ポメラニアンを飼っている人はどのような言動が見られた時に骨折の可能性があるのかよく把握しておきましょう。

足を浮かせる

ポメラニアンが足を上げて、スキップをするかのように歩行している際には、その足が骨折している可能性もあります。

歩き方がいつもと違うと感じたら足を浮かせていないか確認してみて下さい。

立ち止まる

痛みの具合によってはスキップもせずに、立ち止まって動かなくなってしまう事もあります。

このようなケースでは、足を浮かせている時よりも重度な怪我の可能性もありますので早めに獣医師さんに診てもらう必要があります。

抱っこをすると嫌がる

ポメラニアンを抱っこした際に、嫌がったりいつもより甲高い声で吠えたりする事があります。

痛くて暴れる事もよくあるので、さらに足を悪くしてしまう可能性もあります。

ポメラニアンが足を怪我した際には、抱っこはせず、安静に動かないよう促してあげることが重要です。

脱臼との違い

ポメラニアンは骨折が多い事で知られていますが、骨折と呼んでいても実は脱臼であるという事も多いです。

単純に骨が折れるというよりも、何かをきっかけに骨がズレてしまい、歩けなくなってしまうという症状が多く見られます。

中でも膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)は特に犬に多いとされ、グレードによっては獣医師に手術が必要と判断される事もあります。

詳しくは下の記事で詳しく解説してるのでご覧になってみて下さい。↓

【ポメラニアンの脱臼の症状や治し方】手術は必要? の記事はこちら

費用は?

ポメラニアンの骨折や脱臼を治療する際には、どの程度の費用がかかるのか、という話ですが、

怪我のグレードによってどんな治療法になるのかが変わってくる為、判断するのが難しいです。

外科治療が必要ですと、手術をして入院もする事になるかもしれないので、それだけ費用はかかります。

また膝蓋骨脱臼は先天的なものと後天的なものにも分かれていますし、怪我の部位によっても治療の方法は変わってくるものと思われます。

大雑把なものになりますが、ポメラニアンが骨折や脱臼をした場合にかかる費用は

5000円~500000円程度になります。

かなり幅が広くなってしまいますが、仮に内科治療だけで済む場合は5万以下に抑えられる事も多いです。

外科手術が必要になってくると、必要な費用の幅は本当に大きく変わってくるので実際に診察をしてもらわなければ何とも言えませんね。

まとめ

ポメラニアンは他の犬種と比べても足の骨が細いので、骨折しやすいと言えます。

特にソファーや階段からジャンプした際には、衝撃によって前足や後ろ足の怪我に繋がります。

ポメラニアンが骨折した場合、外科手術が必要になるケースもあるので、それだけ費用はかかってしまうかもしれません。

愛犬に辛い思いをさせてしまいますし、飼い主にとっての負担も大きいので、なるべく普段の生活の中で骨折の予防をしておくのが重要ですね。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加