【ポメラニアンに雪遊びはさせてもいい?】雪の日の散歩で注意する事

こんにちは、いぬさいとです。

雪の日に愛犬と一緒に外で遊ぶのは本当に楽しいですよね。

他の時期とは違った遊びが出来るので、犬も飼い主さん自身も自然とテンションが上がるものです。

しかし、外は寒く雪も冷たい!ポメラニアンが体調を崩さないか心配ですよね。

今回は、ポメラニアンがそもそも雪の日に外に出て遊んでも良いのか?という話と、雪の日の散歩の注意点について解説していきたいと思います。

ポメラニアンは雪遊び出来る?

まず、「ポメラニアンはそもそも雪遊びができるのか」という話ですが、もし人間が雪に上を素足で歩いたとすると、当然の事ながら冷たく、いずれは凍傷になってしまいますよね。

ポメラニアンも雪の上を歩くと「冷たい」と感じるのは人間と同じです。

ただ、犬の肉球には脂肪層があり、その上を硬いケラチンで覆っているので、ある程度の冷たさには耐える事が出来ます。

ただ、そんな丈夫な肉球でも、あまりに長時間の間雪の上を歩いていると、徐々に傷が付いていきます。

いくら体中が毛で覆われてると言えども、冷たい気温によって免疫力も下がり、ポメラニアンが体調を崩すきっかけにもなるので、遊び終わったら早めに室内に入れて休ませてあげましょう。

ポメラニアンは寒さに強い

ポメラニアンは他の犬種と比べても寒さに強いという事が知られています。

というの、毛の質がダブルコートと呼ばれる2段構造になっている為、ちょっとやそっとの寒さでは凍えてしまうという事はありません。

ただ、普段から室内で過ごす事の多いポメラニアンは、野生で生きていく力はもう持っていない為、毛の質が寒さに強いと言えども、雪の日に外の出ていたら体調を崩す事は普通にあります。

飼い主さんは、「ポメラニアンは寒さに強い」という事を過信せずしっかりと対策をしておく事が重要です。

しもやけに注意

体に雪が接触し続けているとポメラニアンでも、皮膚がしもやけになってしまう可能性もあります。

体に雪が付いたときにはポメラニアンが自分で振り払う仕草を見せるかと思いますが、雪が固まってしまい振り払えずにいると、それが原因でしもやけを発症する事もあります。

雪遊びをしている途中や散歩の途中でも、ポメラニアンの体に雪玉がついていたら飼い主さんが取ってあげましょう。

他にもポメラニアンには冬に必要な寒さ対策がいくつかあるので、詳しくは下の記事をご覧になってみて下さい。↓

ポメラニアンに必須な冬の寒さ対策【3つ】 の記事はこちら

どんな雪遊び?

ポメラニアンは雪の日にどんな遊びが出来るのか、具体的な遊び方を紹介していきます。

雪の上で走り回る

雪の上を走るというのはポメラニアンも喜びます。

普段見慣れない雪景色だと、初めは警戒するかもしれませんが、飼い主さんが雪の上を歩けば、多くのポメラニアンは安心してついていきます。

ただ、ポメラニアンの体が丸ごと埋まってしまうような深雪の上ですと、かなり体力も消耗してしまうので圧雪された雪か、自力で走れる程度の積もった雪で遊ばせてあげて下さい。

雪の上でボール遊び

雪の日にボール遊びというのも普段とは違った面白さがあるのでおすすめです。

普段は、ポメラニアンがボールを取りに行くのは褒められたくて、「早く早く!」という気持ちから、物凄い勢いで向かっていく事が多いですが、

雪の日だと積もった雪の足場の悪さがあるので、思い通りにボールを取れないポメラニアンの無邪気さが見れます。

雪の日の散歩について

雪の日に散歩をする場合、注意しなくてはならないポイントがいくつかあるので解説していきます。

道路が滑る!

雪の日の散歩はポメラニアンでも道路が滑って危険です。

特に雪が解けだして固くなり、凍ったような地面はワンちゃんでも転んでしまう事があります。

ポメラニアンの体重は軽いので転んだだけでは、怪我に繋がる事は少ないですが、老犬ですと少しの衝撃でも怪我をしてしまう可能性がありますので注意しましょう。

リードは短めに!

雪の日の散歩は、ポメラニアンよりむしろ飼い主さんが行動するのが大変です。

普段と違った環境での散歩は楽しいですが、ふとした拍子にポメラニアンの動きをうまくコントロールできなくなる可能性もあります。

車通りのある道路でも、運転手が色々な事に気を使わなくてはいけないので、事故に巻き込まれる可能性もあります。

首輪につけているリードはなるべく短めに持つようにしましょう。

雪が毛に付く

雪の日に散歩をしていると、必ずポメラ二アンの体の毛に雪がまとわりついてしまいます。

放置しておくと絡みついて毛玉の原因にもなるので、帰ってきたらドライヤーで乾かし、ブラッシングをしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ポメラニアンは雪の日でも寒さを感じますが、毛質的には寒さに強い方の犬種ですので飼い主がしっかりと注意していれば、外で雪遊びをする事は可能です。

ただ、ポメラニアンの体がうめれてしまうくないの積もった雪で遊んだり、リードを長くして車の通る道路を散歩させるのは危険なのでやめた方が良いですね。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加