【ポメラニアンのケージは何がおすすめ?】大きさに注意!

こんにちは、いぬさいとです。

超小型犬の中でも、かなり元気が良いと言われているポメラニアン。

どんなケージを選べば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなポメラニアンにおすすめのケージを、大きさも含めて解説していきたいと思います。

ポメラニアンのケージについて

犬のケージを選ぶ際には、飼っている犬がどのような性格なのかを飼い主さんが理解していなければいけません。

「うちの子は小さいから小さめのケージでいいか!」

と、大きさを結構適当に選んでしまう飼い主さんも多いですが、犬の性格によっては小さめのケージだとストレスが溜まってしまい、無駄吠えの原因となる事もあります。

逆を言えば、仮に大型犬を飼っていたとしても性格によって、大きなケージが合わないという事もあります。

ケージが広すぎて落ち着かない気持ちが常に続くと、おしっこをそこら中にまき散らしたりと、トイレのしつけに悪影響を与える事もあります。

なので、飼い主さんは飼っている犬種がどんな性格をしているのか、しっかりと理解してから適切な大きさのケージを選ぶ事をおすすめします。

それではまず、ポメラニアンの性格にはどんな種類のケージが合うのかを考えていきましょう。

ケージの大きさは?

ポメラニアンは祖先が元々は大型犬なので、飼い主に常に一緒にいて貰わないと生きていけないような、か弱い犬種では本来ありません。

しっかりと自分の居場所は自分で作る事ができる、どちらかと言うと自分の時間を大切にするタイプの犬種です。

つまり下の画像のような、解放感の溢れる天井も床も無いサークルタイプのゲージはおすすめできません。

ポメラニアンにとってみれば、誰にも干渉されない自分だけのスペースなのに、解放感がありすぎて落ち着かず、自分のハウスとそれ以外の場所の線引きがうまくできません。

子犬、成犬に限らず、飼い主との距離が近く感じてしまうようなスペースが広すぎる金属サークルのゲージは、そもそもポメラニアンには向かないようですね。

ポメラニアンにおすすめのケージ

では、どんなケージがポメラニアンにはおすすめなのか?という話ですが、適度に飼い主との距離を置く事が出来る、メッシュサークルがおすすめです。

メッシュサークルのケージであれば、壁や天井がある為、ポメラニアンも自分専用のハウスだと認識しやすい為、安心できます。

それに加え、飼い主からもポメラニアンの様子を確認できるので、何かトラブルがあった際にはすぐに対処出来ます。

室内で犬用ハウスとして使用するのはもちろん、外出時に外に持ち出す事が出来るので非常に便利ですね。

メッシュ素材なので、引っ掻いたりして破壊されないか心配でしたが、猫の爪とぎでも一応耐えられるくらいの作りにはなっているようです。

さすがに金属のケージに比べれば強度は弱いかもしれませんが、ポメラニアンが使うには十分な強さだと思います。

デザインもシンプルで可愛らしいので部屋に設置するとおしゃれに見えますし、おすすめです。

色は基本的に選べるみたいなのでお好みのケージを探してみると良いかもです。

Newfashion ペットサークル 犬 猫 兼用 プレイサークル ファスナー 折り畳み 八角形 ケージ アウトドア メッシュサークル (レッド)
Newfashion

ケージの悩み

それではポメラニアンに、新しくケージを買った際に起こるであろう、ありがちなケージの悩みについて解説していきたいと思います。

ケージから出たがる

最初のうちは、ポメラニアンもこのケージが自分のハウスだという認識をしていないので出たがる事がよくあるかと思いますが、

中でエサを食べさせてあげたり、お気に入りのベッドなどをケージ内に置く事で徐々に安心できる空間へと変わっていきます。

特に、犬のベッドはケージを設置する上でも重要になってくるので詳しくは下の記事をご覧になってみて下さい↓

ポメラニアンにおすすめのベッド【5選】 の記事はこちら

ケージの中で吠える

ポメラニアンがケージの中で吠える原因は、ストレスや不安が原因です。

既に自分のハウスだと認識して、安心できるケージだとしてもポメラニアンが「外に出たい」と思っている時はストレスを感じます。

飼い主と距離を置きたい性格のくせに、かまって欲しい時は吠える事でアピールするという、なんだかあまのじゃくのような性格をしているポメラニアンですが、

吠えた瞬間にケージから出してあげるのは、犬に

「吠えれば出してもらえる」という認識をさせてしまう可能性がある為おすすめしません。

ケージの中で吠える吠えないに関わらず、適度に出してあげて、閉じ込められているというイメージをポメラニアンに与えない事が重要です。

ケージを噛む

犬によっては、ケージを噛むという事もよくあるそうですが、メッシュ生地のケージであれば噛むという事は稀です。

万が一噛んだとしても、破れる事はまずありませんし、金属のケージのように破片が刺さる事もないので、心配をしすぎる必要はありません。

そもそもポメラニアンが噛むのは、ケージという存在が憎いからではなく、歯が痒かったり好奇心からする事が多い為、むしろ自分のハウスだと認識してるからこそ起こす行動です。

特にまだ子犬のポメラニアンは、手当り次第に自分のおもちゃやお気に入りの物を噛む事が多いです。

ただ、あまりにも噛む回数が多いようでしたら、ストレスを抱えている可能性もありますので、飼い主が適度に外に出して遊んであげる事をおすすめします。

まとめ

ポメラニアンにおすすめなケージはサークルタイプの開放的なケージではなく、メッシュでできたハウスタイプです。

ポメラニアンは自分の居場所を欲しがる傾向があるので、ケージの大きさが広すぎるとストレスを感じる事があるのでおすすめできません。

適度の大きさのケージを選びましょう。

またケージを購入したばかりの時にはポメラニアンが、中々ケージ内に入らないという事があるかもしれませんが、

中でおやつを食べさせたり、ポメラニアン専用のベッドを設置してあげる事で、このハウスは自分の陣地だと認識しやすい為おすすめです。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加