【ペットロスになるのが怖い】いつかは別れが来ると思うと胸が苦しい

ペットを亡くした後はとてつもない虚無感と絶望に襲われます。

人によってはその悲しみから立ち直れずペットロスになってしまう事もありますね。

ペットが生きている現時点でもペットを亡くした後の事を考えてしまい、「ペットロスになるのが怖い」と感じてしまう方も多いですね。

今回はペットが亡くなる前にどのような考え方を持ち、対策をすれば良いのかを詳しく解説していきます。

ペットロスになるのが怖い

いぬたろう
ペットロスは本当に辛いという話をよく聞くけど、ペットが生きているうちから「怖い」と感じるのはおかしいかな?
竹田和彦
ペットロスが怖いと感じる事は全然おかしい事じゃないよ。

まだペットが生きている時に、飼い主がその子を大事にしていればそれだけペットロスになってしまう可能性は高いと言えます。

というのも、ペットを大事にしている人はそのペットが自分の心の拠り所となっていることも多いのでペットロスにはなりやすいのです。

この記事にたどり着いたあなたは、正直ペットロスになることを回避するのは難しいです。

ペットが生きている段階で、自分が「ペットロスになるのが怖い」と不安に感じている人は自分の中でペットの存在がかなり重要なものとなっているはずです。

ペットが死んだ時の不安をわざわざインターネットで検索し、「ペットロスになるのが怖い」と言う文章に共感したあなたはそれだけペットのことを愛しているということですね。

怖いのは良い事!

ペットロスになるのが怖いと思う事は、決して悪いことではありません。

ペットロスが怖いと感じない人はわざわざこんな記事を読む事は無く、ペットが死んだ後も前向きに生きていくことができるものの、何かしらの後悔を残してしまうケースが多いです。

それに比べて、あなたはペットが死ぬ前からペットにとっての幸せや自分にできることを考えることができています。

いざその時になって前向きになるのは難しいかもしれませんが、少なくとも後悔をすることは無いと思います。

ペットロスが怖いと思ったら

いぬたろう
ペットロスになるのが怖い人は具体的にどんな対策をしてれば良いんだろう?
竹田和彦
考え方は人それぞれだけど、後悔を残さないというのが重要なポイントになるよ。

確かにペットロスを回避することは難しいですが、事前に覚悟を持ってペットと関わることで、ペットロスになった時の辛さは軽減できます。

先ほども言ったようにペットが生きている時に、後悔することがないようにペットと関わっていくことが重要となります。

そこで、あなたが今現在できることをまとめたので参考にして下さい。

ペットを大事にする

今からでも、とにかくペットを大事にすることはペットロスを回避するために重要です。

「今でも充分ペットを大事にしてるよ」という方でも、それ以上にペットのことを大事にしてください。

飼い主本人がこれ以上ないと思えるくらいペットのことを愛すれば後悔の残る可能性もそれだけ低くなります。

ペットの健康管理

ペットを亡くして後悔してしまうケースで多いのが、ペットの病気や怪我に気付けなかった時です。

それが原因で亡くなってしまったのだったら尚更、買い出しは深い悲しみと後悔を抱えてしまうことになるかと思います。

そんなことにならないためにもペットの健康管理は徹底して、できることは全て生前のうちにやっておくようにしましょう。

趣味を見つける

少しベクトルは違いますが、 ペットロスにならないためには趣味を見つけておくというのも重要なことです。

というのも、ペットロスになってしまう方も多くはペット以外に心の拠り所がないというケースが非常に多いため、事前に没頭できる何かを探しておくことでペットロスを回避できる可能性が高まります。

いつかは別れが来る

どんなに「ペットが死ぬのが怖い」と思っても、 ペットとの別れは必ずやってくるものです。

ペットロスにならないための対策はペットが生きている時にもできますが、ペットを死なせないというのは残念ながら不可能です。

どんなに胸が苦しいとしても、動物の寿命は人間の寿命より短いのは仕方のないことなので、飼い主な方はそれなりの覚悟を持っておく必要があります。

またペットが死んだ後も、どのようにペットロスを乗り越えて行けば良いのか事前に知っておくことも重要です。

下の記事ではペットの乗り越え方について詳しく解説しているので、あらかじめ心の準備をしておくという意味でもご覧になっておくことをお勧めします。↓

【ペットロスの乗り越え方】後悔は捨てろ!

最後に

ペットロスになるのが怖いと思っているだけでは、解決には結びつきません。

ペットが亡くなる前から事前に対処や解決方法を知っておくことで、いざという時の心の支えになります。

ペットがいなくなるのが怖いと思うくらいなら、考え込んでしまう時間をそれだけペットと関わる時間に使いましょう。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加