【ポメラニアンは外飼いできる!?】超小型犬の室内犬だけど…

こんにちは、いぬさいとです。

室内犬として人気の高いポメラニアンですが、中には「外飼いをしたい」という方もいるかと思います。

今回はポメラニアンの外飼いは出来るのか、また外飼いによってどのようなリスクが考えられるのかについて話していきたいと思います。

ポメラニアンの外飼いについて

ポメラニアンの外飼いについてですが、やろうと思えばできなくはないというのが正直な所ですが、決しておすすめ出来る事ではありませんね。

というのも、そもそもポメラニアンという犬種は超小型犬という分類に属しており、本来は室内犬として飼われるのが当たり前だからです。

一昔前は「犬を飼う」というと外の犬小屋で首輪とリードを繋いでおくという、いわゆる「外飼い」の方が一般的でしたが、それは外飼いに適した柴犬などの犬種が多かった為であり、

決して室内犬のポメラニアンでも外飼いが出来るという訳ではありません。

ただ、人によっては

「どうしてもポメラニアンが飼いたい」

「理由があって室内飼いができない」

という方もいるのではないかと思います。

考えられる具体的な理由としては、身近な人が犬アレルギーを持っていたり、ポメラニアンの吠える声に嫌気がさしたり、家族の了承が得られなかったりといった所でしょうか?

では、仮にポメラニアンを外飼いするとして、どのようなリスクが考えられるのか考察をしてみましょう。

外飼いはリスクがある

ポメラニアンを外飼いするという事は当然ながら室内で飼う事よりも大変でリスクも高いです。

具体的にどのようなリスクが考えられるのかと言いますと、以下の通りです。

病気になる可能性が上がる

ポメラニアンの体力は外飼いの出来る犬よりも低いので、すぐに病気になってしまう可能性も高いです。

蚊によってフィラリアを発症してしまう事もありますし、お腹が減っていたら寄生されている虫などを食べてしまう危険もあります。

外見も汚れて衛生面での管理も難しくなりますし、寿命を縮めてしまう事になるかもしれません。

暑さ、寒さ対策が大変

ポメラニアンも人間と同じように、冬は寒さを感じ、夏は暑さを感じます。

室内であれば、温度の管理は人間と同じ環境でも過ごせるので簡単ですが、外飼いだと防寒対策や防熱対策が非常に難しく、それだけ手間もかかります。

熱中症になったり、風邪を引いてしまったりする事も増えるので、当然の事ながらポメラニアンに苦しい思いをさせてしまいますし、飼い主の手間もかかります。

ポメラニアンのストレス

ポメラニアンを外飼いするという事は、野放しにする訳にもいかないので、首輪をしてつなぎとめて置く必要がありますよね。

首輪を繋がれてずっとその場に留まっているという事はポメラニアンでもストレスを感じます。

室内飼いであれば、たとえケージに閉じ込めておいたとしても、飼い主の顔が見れたり、頻繁に構ってあげる事が出来るので、ストレスを和らげる事が出来ますが、

外飼いですとケージに閉じ込めておくのは動く事も出来ないので運動不足になりがちです。

飼い主の顔も見れずに退屈で、さらにストレスを感じる事でしょう。

騒音の問題

ポメラニアンを外飼いしている人にとっては騒音の問題もあります。

家の周りに住宅がある環境では、の遠吠え、無駄吠えがうるさく、迷惑になりかねないです。

ポメラニアンは特に好奇心が旺盛でキャンキャン吠える犬種なので、しつけができなければ外飼いには適していません。

吠えるのを辞めさせるしつけは本来、同じ環境で過ごしている室内でじっくりと繰り返し教えるものです。

超小型犬は室内犬!

ポメラニアンの外飼いがいかに難しいのか理解できましたかね?

もし

「ポメラニアンも大型犬と同じ犬なんだから外飼いも出来るだろう」

と安易に考えている人がいたらそれは間違いです。

超小型犬は、室内犬なので外で生きていくには難しいです。

体の強さも大型犬とは全然違うので同じ動物とは思わない方が良いです。

人間だって赤ちゃんが外で過ごすのと成人した大人が外で過ごすのでは、意味が全然違いますからね。

考え方は人それぞれですが、個人的に外飼いをしているポメラニアンは室内で育てられたポメラニアンと比べて確実に不幸だと思います。

そもそもどんな理由でポメラニアンを外飼いしたいのか分かりませんが、外飼いだからといって飼い主の手間が減るという訳ではありませんし、

むしろやる事や注意すべき事が増えて大変なのでお互いにとって良い事は何もありませんよ。

ポメラニアンの外飼いは虐待になる?

超小型犬(室内犬)を外飼いした場合には虐待にいなるのかどうかという話ですが、これは意見が分かれる所ですね。

防寒対策や、餌、糞の管理などを徹底していれば虐待にはならないという人もいますし、ポメラニアンを外飼いするというだけでも十分虐待になり得るという方もいますね。

ただ、たとえ虐待には当てはまらないとしても、本来は室内犬であるポメラニアンを外飼いするというのはそれだけ危険でもあるので、家族を大事に扱っていないのと同じです。

やはりどんな理由があろうともポメラニアンを外飼いするのはおすすめできませんので、最初から飼わないか他の手段を考えて下さい。

もし外で飼える犬を探しているのであれば下の記事を参考にしてください。↓

【外で飼える犬は何?】代表的な犬種を7つ紹介!

まとめ

いかがでしたか?

ポメラニアンの外飼いは虐待にもなり得るほど危険でやってはならない事です。

たとえ外飼いをせざる負えない環境にあったとしても、室内で飼うよりも手間がかかりますし、愛犬にとっては不幸な事です。

もう一度、他の手段はないのか、よく考えてみて下さいね。

以上、いぬさいとでした。

レクタングル大 記事下





 

(シェアでもしとくか...)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加